Home
27/03/2019

トレンドよりテーマ:新たなロードマップ

Quadpackの2019年はデザイン部門発信のワクワクするようなニュースで始まりました。新しいコレクションは人間が持つそれぞれの個性をビジュアル化したテーマごとに表現しています。つまり人間の個性をビジュアル化することにより消費者のニーズや望みに対応しようとしたわけです。

しかしなぜトレンドよりテーマなのでしょうか? 

“トレンドには始まりと終わりがありますが、いわゆるテーマにはよりオーガニックな進化があり、現在の洗練された消費者像をよりよく表している、との市場調査結果が出ています。”とQuadpackのデザイン部責任者Katie Hoddinottは述べています。 

こういったアイディアはQuadpackと消費者の対話から生まれたものであり、そのアイディアを実現させるためこのような新しいパッケージングのデザインが実現化されたのです。さてそのテーマですが、現在美容業界を動かすと言われる以下の3つが元となっています。

オラクル

オラクルというテーマは消費者の新たな感覚に挑戦するために作られました。心地よい感触と香りのあるパッケージングは、木、ガラス、クリスタルで作ることによりより深い意味を与えることが可能になります。オラクルは新時代の神話的雰囲気があり、健康と伝統的な癒しからインスピレーションを得ています。

3つのR:Reduced (より少ない), Re-used(再利用) and Recycled(リサイクル)

サステナビリティ実現の願いを込めこのテーマを作りました。消費者は倫理的で、環境に優しいブランドを探し、選択していますが、Quadpackはこの3つのRを最大限に可能にしたパッケージングをオファーすることによりサステナビリティ実現を目指しています。

フィジタル

フィジタルとはフィジカルでありながらデジタルの意味を持つということを表しています。スマートフォンで買い物をする事は今や当たり前になりました。フィジタルテーマとは、この画期的な新しい世界に対し、デジタル、つながる、3D印刷、そして現実と拡張現実の境界が明瞭ではない、知的なパッケージングコンセプトで応えています。

ALL ABOUT ME

ミージェネレーション(個人主義)世代、自分に合わせた特注:ALL ABOUT MEのテーマとは、この新しい超個人主義についてであり、人生についての遊び心に満ちた見方です。規則を破りたがり、独自の意味を持つ美を求める人々に応えます。

Quadpackはこれらの新しいテーマに沿ってインスピレーションの刺激に役立つよう新しい商品をに紹介していく予定です。