23/01/2020

未来との約束

Quadpackはサステナブルな製品開発の為のRePackストラテジーに沿って、材料のリサクル、リプレース(代替)、リデュース(削減)、リユース(再利用)にコミットしています。

Quadpackは、パッケージングのプロバイダーとして、環境を配慮した製品を生産するという大きな責任を負っています。サステナブルなイノベーションはこの目標達成のための重要な鍵です。そして製品開発を動かす主要な原動力は、クリエイティブなデザイン、新素材の研究、そして人々のパッケージングのライフサイクルについての、意識を高める事です。4Rリソースマネージメントに基づいた、QuadpackのRePackストラテジーをご覧下さい。

リサイクル-Quadpackは、分解とリサイクルが簡単にできる製品開発にコミットしています。ガラス、PP、PETやPCR部品や、全てのバーツが同じ材料で造られている単一素材パックなどは、益々利用が伸びています。

リデュース-従来のパッケージングをより軽量にして発売したり、従来より少ない材料で生産できる、新しい製品を開発しています。Quadpackは一貫して、従来よりも使用する材料を削減しつつ、高品質なパッケージングの生産に投資しています。より軽量なガラス瓶や、より軽量のプラスティクジャーは、この成功例です。

リプレース-Quadpackは研究開発を通じて、化石ベースの素材の代替として再生可能、生分解可能、リサイクル可能な材料をより増やしていきます。サステナブルに管理された森林に由来する木材や、海洋に廃棄されたプラスティクやバイオベース材、マイクロプラスティックフリー材(Sulapac)はこのリプレースメント ストラテジーでは最も注目を浴びています。

リユース-Qudpackはパッケージングのライフサイクルを延長するというコミットメントの一部として、サステナビリティを推し進め、廃棄物を削減し、二酸化炭素の排出を最小限にする、リフィル可能なソリューションに投資しています。容易に再利用でき、別の目的に利用可能な木とガラスは、デザインや製品開発の重要な要素です。

Quadpackは各パッキングソリューションが、少なくともこの4Rの一つを、具体化する事を目的にしています。究極的にはこの4つ全ての実現がゴールです。この4Rをベースにした一連の製品を提供して、Quadpackはサステナブル パケージングへの現実的な道筋をたどり、ブランドを支援しています。RePackストラテジーは、人間や地球を大切すると同時に、社会や環境にポジティブなインパクトをもたらし、Quadpackが達成目標にしているよりサステナブルな生産チェ-ンの、土台を築いています。