Make-up

24/08/2021

メイクアップ又はスキンケア? 両方一緒に!

サステナビリティと消費者の新しい習慣に影響され、多機能製品がグローバル ビューティ マーケットを支配

‘スキン ミニマリズム’は以前からありましたが、2021年のメイクアップを支配しているハイブリッド化というトレンドの裏にある、シンプルでサステナブルな美容のルーチンは重要な要素です。困難な年の後で、ブランドは補完的なスキンケアの効能も持ったカラー製品を取り入れ、ファンデーションセラム、リップグロス トリートメント、グローイング フェス オイルなどの新時代を発表しました。

「だいぶ前に始まったBBやCCクリームの自然な進化過程です。」とMarket Insights Leadの Marcia Bardauilは言います、’クリーンビューティ’が新しい要素をもたらし、効果的でサステナブルなフォーミュラに焦点がシフトしています。複数の効果を提供する事でハイブリッド製品は美容のルーチンを簡素化し、消費者が購入する製品を少なくし、環境への影響も最小限にしました。

Mintel のカラーコスメティックス、グローバル ビューティ アナリストのMargaux Caronによると、消費者の予算は縮小し、’クリーン‘なフォーミュラに焦点が置かれ、環境への関心の高まりが、美容のミニマル アプローチを推進しました。消費者は透明性や金額に見合う価値を提供し、環境保護を主張するブランドを求めています。「短く読みやすい成分リストを載せ、多機能な価値があるハイブリッド製品は、こういった姿勢にアピールしました。」と彼女は言います。

パンデミックの状況下で、消費者の健康への関心が益々高くなり、即座に効果があるだけでなく、長期的に肌を改善する化粧品を求めています。「消費者の要求は益々厳しくなり、購入した物すべてに価値がある事を要求します。このパンデミックがもたらした新しい社会的習慣は、消費者のコスト意識を高めました。もし二つの商品から一つ選択しなければならないとしたら、肌により多くの効果があるものを選ぶでしょう。」とBardauilは述べます。

欧州グリーンディールなどの新しい規制や政策もブランドの環境倫理を奨励し、このトレンドが基準となるのを助けるでしょう。美容の消費について、これからは肌と地球に対する製品のポジティブな影響を重要視した、より気を配り、より時間をかけた消費活動を見ることになるでしょう。