Quadpack News

26/11/2020

2021年の注目すべきビューティートレンド

新しい消費者行動とその期待が化粧品業界に変化をもたらす

2020年は大変な年になりました。ビジネスはその困難からの復元力、イノベーション、迅速性が試されました。新型コロナウィルスにより、日頃のルーティンを変えることが強いられ、消費者の行動や期待にその影響が残ります。2021年は不確実性の中でのスタートになりそうですが、化粧品業界において幾つかのトレンドは既に見えています。新年が近くなってきたので、その幾つかをシェアしましょう。

バーチャル体験: 臨時閉店する店舗がある一方で、オンラインを利用する人の数は激増しました。ブランドによるソーシャル メディア フィルタリング,バーチャル試着、オンライン旗艦店などは、デジタル化されたビューティ ビジネスのほんの数例です。

クリーンでサステナブルなフォーミュラ:よりリラックスができる事、衛生的というトレンドは続くでしょう。人々は手や体を洗う習慣を続けるでしょう。地球のことも忘れてはいません。消費者は以前にも増してフォーミュラや成分を吟味するでしょう。

セルフケアと癒しの行動: マッキンゼーレポート(McKinsey report)によると、2020年においてスキンケア、バスケア、ヘアケアの販売は好調でした。 ’スパ アットホーム’ は大きなトレンドになり、キャンドル、石鹸、アロマセラピーの売り上げが増えました。

DIY製品: 美容サロンが閉店したり、通うことは安全ではないと考える消費者がいる中で、ヘアカラー、脱毛、ネールケアに関するDIYカタログは人気が出ています。

ファミリー向けパック: ミンテル(Mintel)によるとこの危機により大きな被害を受けた地域では、消費者が予算を決める行動が、美容やパーソナルケアのブランドに、ファミリー向けパックなどの、よりお買い得感がある価格の展開を促進しています。

メークアップのリバイバル:NPDの報告書(NPD report)によると女性の80%はロックダウン後には、いつものメークアップに戻るだろうと言っています。以前の美容のルーティンに戻りたいという強い願望があります

御社のビューティーブランドが20201年に成功するために、どのようなソリューションを提供できるか、当社の担当者にお尋ね下さい。