Quadpack News

Quadpack News

26/01/2021

2021年は変化を受け入れ私達のステークホールダーの為により良い未来を築く時!

一年前Quadpackers達は、設立以来最も輝かしい年を祝っていました-最高の売上、2件の買収の成功とEuronext Growthへのデビューは私達に将来への自信をもたらしました。

2020年はどのビジネス、業界にとっても、まるでストレス テストのようでした。私たちもその例外ではありません。しかしそこで起こった変化は私達のビジネス、私達自身の進化を前進させました。2020年に私たちが身につけた、強い復元力、協力、共感を考えると、私たちのチーム、顧客、銀行そしてパートナー達に心から感謝します。

その危機が起こる直前に、私たちは今後5年間のビジョンとビジネス戦略を発表し、会社の目的も本当に達成したい事-私たちは正しく、今までとは違う、より良い方法で実行する-に一致するように改訂しました。私たちは嵐の中を航海する船のようでしたが、その戦略のおかげで困難な時を乗り越える準備が出来て、引き続きジャーニーを遂行する自信が持てました。それは5つの柱がベースになっています。グローバルな拡大、協力、イノベーション、サステナビリティそして素晴らしい職場である事です。

私たちのグローバルな拡大計画はこのパンデミックにより妨害されることは、ありませんでした。この重要なマーケットでの可能性を確信して日本での開業をスタートに、オーストラリア、中国、韓国、日本を統括するマネージング ダイレクターとしてRaj Savji を任命し、アジア太平洋のオペレーションを再構築しました。又ドイツのような主要マーケットにおいても、一年前に買収したLouvretteの円滑な統合により業績を改善しました。メキシコには最終的な差別化をはかる為の加飾プラントやソーシングセンターがあり、私たちは今後もアメリカ大陸のサービスの提供を継続します。

私たちの長期的デジタル化プロジェクトは、迅速性が重要な優先事項の一つである事を示しています。そこには高度な分析、機械学習、及びQuadpack Woodにて試験運用されているインダストリー4.0プロジェクトなどのイノベーションが含まれます。世界中の顧客のために即座にソリューションを提供できる、その地域でその地域のために生産するという私たちの戦略はヨーロッパとアメリカ諸国で進んでいます。

この危機により、会社の内外で協力をする沢山のチャンスを得ました。例えばThe Beauty Markersとは新しいビジネスモデル、Sulapacとはサステナブルな一連の製品、Inotech とは革新的なパッキングソルーションなど、このマーケットの素晴らしプレーヤーたちと提携しました。このような時だからこそ、新しい競争としてのコラボレーティブ イノベーションが重要であり、私たちが今まで達成来た事を誇りに思います。


私たちのサステナビリティへの努力は、決して進化を止めることはありません。そのサステナビリティ戦略は社会における私たちの役割を認識した結果です。環境に与えるネガティブなインパクトを単に認識するだけでなく、私たちの製品、プロセス、人を通してコミュニティや環境にポジティブなインパクトをもたらし、次世代の為によりよい未来を築くことにコミットしています。私たちのサステナビリティの実績は、企業の社会的責任(CSR)の格付け会社として定評のある EcoVadis Gold Medal により認証されています。私たちの製品とオペレーションが環境に及ぼす影響を査定し、Quadpack Woodの 新しいbiomass plant により、生産プロセスから出る廃棄木材をエネルギーに再生させ、年間16リットルの化石燃料の消費を削減し、カーボンニュートラルの方向へ進んでいます。更に私たちの野心的なサステナビリティ枠組み(ISO26000)への取り組みと,国連のサステナビリティ開発目標へのコミットメントは、勿論継続します。
Quadpack Foundation は2020年、チャリティ プロジェクトに資金提供をする事で4万人以上の人々を救いました。そしてプロフェショナルで、専門のマネージメントを備えて、新たに活動を開始します。

Quadpackersとして、私たちはデジタルツールを駆使した素晴らしい職場構築のため、リモートで協働できる新たな方法を探求してきました。 マネージメントチームの強化と人材の確保を継続します。

プロフェッショナル化、熟練化の為に、環境、社会、企業ガバナンス(ESG)の基準を向上させる私たち初のAnnual ReportCSR Report  の導入があります。
会社の財政の健全性を維持するために、2020年の困難を克服する強さをもたらしたプロアクティブな経費削減策や、銀行、顧客、パートナー達との良好な関係構築を推進して来ました。

私は将来に期待しています。私たちは2021年を、生産拡大、協働、デジタル化、サステナビリティに関連した沢山のポジティブで目的を持ったプロジェクトでスタートします。それらは当社の価値観にすべて一致しています。

私はポジティブで、希望に満ちた言葉で私のメッセージを締めくくりたいと思います。昨年は社会における私たちの役割や責任を、改めて考え直させられました。
世界中の企業が、今まで以上に努力を求められている変革期にあります。
私たちは、世界を変える影響力があります。 私たちの周辺のコミュニティを超えて、サステナビリティや不平等さといった領域において真の違いをもたらすのです。
私たちの活動の全てがもつ影響力を認識し、不可能をポジティブなレガシィに変化させなければなりません。

皆さんを、正しく、今までとは違う、より良い方法で実行するという私たちのジャーニーにご招待します。