Quadpack News

Quadpack News

23/03/2021

美容におけるデジタル化:大胆な新世界

オンラインコミュニティとコネクトしたライフスタイルはブランドのコミュニケーションとデジタル体験のイノベーションを前進させました

ビューティブランドにとっては、デジタル化は新しいコンセプトではありませんが、現在では最優先事項になりました。このパンデミックにより実際の小売経験は影響を受け、テクノロジーを基盤にしたビジネス戦略は加速され、かつてないほど重要になりました。

化粧品業界では、ブランドは自らのマーケティング プランや顧客とのコミュニケーション方法、販売方法、双方向の関わり方の見直しを迫られました。

最近のミンテル調査によると英国の化粧品消費者の多数はアプリ、オンラインのレビュー、インストアのブラウジングで見たコンテンツを受け入れています。より若い世代ではデジタルへの依存が高く、16歳から34歳の年齢層の半数以上は、オンラインのコンテンツが面白いブランドから、そうでないブランドよりも、多く購入しているようです。

「透明性のあるコミュニケーションと信頼性は、かつてないほど重要になりました。ブランドの言動全てが、拡大鏡を通して顧客に見られています。」とQuadpak のMarket Insights LeadであるMarcia Bardauilは言います。このコミュニティは ‘スキンフルエンサー’やソーシャルメディアのコンテンツ プロデューサーにより導かれ、彼らはそれぞれの分野―皮膚科医からメイク アップ アーティストそして一般人までいますが、多数のフォロワーを持っています。彼らは各分野のオピニオンリーダーで、フォーミュラや有効成分だけでなく、そのブランドのサステナビリティに関する主張や倫理価値についても注意深く調査しています。

店舗での安全衛生規制により美容各社は従来の販売戦略を超え、より複雑でバーチャルな顧客との双方向の交流に投資をする事になるでしょう。その目指すところは、AR/AR, バーチャルスキンケア相談疑似体験により、例えば革新的なビューティ ブランドがビデオゲームAnimal Crossingとコラボしたように、オンライン上で顧客との間のエンゲージメントや、より現実に近いブランド体験を築きあげる事です。

これらの体験は、パンデミックの制約により影響を受けた新しいセールス、マーケティングモデルをサポートします。そしてカスタマイズ化やAIをベースにしたソリューションなどのトレンドにも一致しています。

この最先端のメークアップやスキンケア用のディスペンサーはスマートな個人仕様を求める顧客のニーズに応えて、ビューティテックの突破口になるでしょう。

Beauty Cluster Barcelona 社General Manager であるIvan Borrego氏によると、コネクトするパッケージング、製品開発における人工知能 又はマーケットプレースやソーシャルネットワークのような新しいデジタル プラットフォームの分野でプロジェクトが増えているようです。「今後は更なるイノベーティブな製品とサービス世代へと進むでしょう。デジタルに強くコミットしているブランドは、これに遅れるブランドに対して強い競争力を持つ事になるでしょう。」と述べています。

私たちはこのトレンドにどう適応しているでしょうか?Quadpackの長期的デジタルトランスフォーメーションについてご覧下さい

Type image Type video Logo linkedin Logo instagram Go to