Quadpack News

Quadpack News

23/02/2021

人、地球へポジティブなインパクトをもたらすパッキング

データと透明性を基にした、製品のサステナビリティの絶え間ない向上がQuadpackの目的です。

サステナビリティはイノベーション、透明性、変化と共に、長期にわたるコミットメントです。パッケージングの製造及びプロバイダーとしてQuadpackは ‘ポジティブ インパクト パケージング’ 戦略により、製品をサステナブルなものへと変化させて来ました。製品の二酸化炭素排出量、循環性、その他重要な指標を測定する為にデータを基にしたアセスメント ツールを使用し、Quadpackのサステナブル イノベーションをより信頼性の高いものにしました。

「ポジティブ インパクト パケージングは長期に渡るジャーニーであり、私たちの顧客によりよい情報を発信するのが目的です。」とQuadpack Sustainability ChampionのLyne Hélène Bouchardは説明します。「何よりも大切なのは未来へのコミットメントで、私たちの究極のゴールは私たちが環境から得ている以上のものを、環境に返すことです。」

Quadpackは水の消費量、廃棄物、汚染などの指標を測定する為にLCA(ライフサイクルアセスメント)ツールを選択しました。LCAの主要な柱は、ビジネス戦略や循環性、二酸化炭素排出量削減のために重要だと考えられています。

更にCO2削減と循環性を向上させることは自主的なコミットメントの一環で、これはthe Worldwide New Plastics Pact – Ellen McArthur, the European Plastics Pact, the EU Plastics Strategy (2030), Pacte National sur les Emballages Plastiques (France) and the UK Plastics Pact などの欧州におけるサステナビリティ プロジェクトにも見られます。これらはすべてリサイクル性、再利用性、堆肥化可能性ならびにPCRをその条件に明記しています。

ビジネス戦略の基盤の一つに透明性があり、QuadpackはLCAアセスメントとサステナビリティの属性をベースにした評価システムを作成しました。これはQ-Lineの製品すべてに適応されるでしょう。サステナビリティの最小レベルからポジティブ インパクト パッケージングに至るまで、その評価は全容器の環境への信頼性を明らかにしてくれるでしょう。考慮されたサステナブル属性とは:

削減 : 製品のために使用された材料やエネルギの削減量
再利用 : リフィルシステム又は再利用のフォーマット
代替 :リサイクル可能であり/又は、生分解可能なサステナブル素材に代替された材料
リサイクルされた材料 : ポストコンシューマーリサイクル材料で作られた容器
リサイクル性 : リサイクル可能な容器
生分解性: マイクロ プラスティックを後に残さずに分解する容器

「知識は力です。LCAアセスメント、私たちのパートナー達、そしてこれから導入されるプロジェクトはポジティブ インパクト パッケージングへのジャーニーを支援してくれるでしょう。その目的は環境への負荷を最小限に抑え、消費者をサステナブルな変化へと導く事です。」とBouchardは述べます。

Quadpackのサステナブル戦略の残りの2つの軸である、ポジティブ インパクト ピープル、ポジティブ インパクト プロセスもご覧下さい。
人、コミュニティのためにサステナブルな成長を推進
Accelerating business transformation for sustainability