25/05/2021

Quadpackはインダストリー4.0に着手

大胆なスマート テクノロジー プロジェクトが連携されたデバイスやリアル タイム データを駆使して展開されます

スマートマニュファクチャリングはQuadpackに全く新しいチャンスを開きました。何ヶ月ものパイロットテストの後で、当ビューティ パッケージング製造販売会社は

Quadpack Woodの工場でインダストリー4.0を立ち上げました。その木製部品工場はIoT(モノのインターネット)で連携している63のマシーンを持ち、それによりリアルタイムのデータ収集、各過程の可視化、機器の効率的な制御が可能になります。Quadpack Woodの2021年の初期投資は36万ユーロですが、これはより多くの工場やシステムの実施を含む数年間のプロジェクトの始まりです。

Quadpack Woodのパイロットテストは、2020年に異なる性能とオペレーションシステムを持つ13のマシーンを使って実施されました。これらのマシーンは、各マシーンから送られるデータを読み取り、そのパフォーマンスを評価するひとつのMES(製造実行システム)に連結していました。

このコントロールにより、システムは設備停止の情報を抽出し、その原因を分析し、問題解決の為のソリューションを提供し、更に繰り返し起こる事も防止します。効率性を測り、向上させる為に工場全体の各シフト、各セクション、各ラインのパフォーマンスについてのレポートも作成します。

「Quadpack Woodのインダストリー4.0プロジェクトは全自動化による変化の始まりです。私たちの目的は標準化したプログラムを他の工場にも導入する事で、サステナブルなスマート マニュファクチャリングのベンチマークになる事です。」とBusiness Technologyの責任者Daniel Alvarezは言います。

レポートの作成だけでなく製造の不具合を減らし、資源の無駄を無くし、品質を向上させサステナビリティを強化します。インダストリー4.0プログラムはデジタル化へ進む、広範囲にわたるビジネス変革の一部ですが、それは新しいERP、CRMやSAP HANAスイートのデータと分析のツールを使い、サステナブルな成長をサポートします。

Quadpack のデジタル化への変革1についての詳細